« 全日空会長「B787、点検を徹底」 安全運航を強調 | トップページ | ANA B787関連 まとめ1 »

JAL、ANAに暗雲?  B787は大丈夫

JAL、ANAに暗雲?  B787は大丈夫か

日本航空(JAL)が“B787ショック”に揺れている。
 米国時間の1月8日、JALが運航する旅客機ボーイング787で、ボストン・ローガン国
際空港の誘導路を走行中に、左翼の燃料タンクから油が機外に漏れるトラブルが発生
した。JALのB787型機では、前日7日に別の出火事故が起こったばかり。2日連続でト
ラブルが起きる異例の事態となった。
 JAL7便で起きた8日の燃料漏れは、本来閉まっていなくてはならないバルブが開い
たままとなっていたことが直接的な原因だ。旅客機には、両翼と胴体部分の3箇所に
燃料タンクが備えられており、それぞれの間はバルブによって仕切られている。ここ
が開いていたことで、センタータンクの燃料が左翼部分のタンクに流れ込み、弁を通
じて機外にあふれ出てしまった。
■ 「再発のおそれはない」と判断か
 バルブが開いていた原因は現在調査中。旅客機が整備を終え、滑走路へと向かうと
ころで発生したトラブルであるため、原因は旅客機と整備業務、両方に可能性があ
る。ただ同便はすでに成田に向かってフライトを開始している。「再発のおそれはな
い」と判断したもようだ。
 一方で、より重大なのは同じローガン国際空港で起きた7日の出火事故だ。地上に
駐機中、尾翼に備えられた、飛行機に電力を供給する補助動力装置(APU)のバッテ
リー付近から出火が発生した。この事故は現地に着陸後、10分程度の後に起きてお
り、整備など、空港での業務の不手際により起きた可能性は低い。納入自体、昨年の
12月下旬にされたばかりの新品であり、ボーイング社側の問題であるという見方が強
い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
787トラブル、航空業界に動揺=需要拡大期待に冷や水

 米国で日本航空の最新鋭旅客機ボーイング787型機のトラブルが相次いで発生し、9
日には山口県の山口宇部空港で全日本空輸の787型機がブレーキの不具合で欠航する
事態となった。「トラブルが重なれば機体の信頼性を損ないかねない」(航空業界関
係者)ため、787を新たな主力機種に位置付けている日航と全日空に動揺が広がりそ
うだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「B787」相次ぐトラブル 部品の35%日本製“夢の翼”に不信と不安

 前日の出火に続き、今度は燃料漏れ-。日本航空が運航していた最新鋭機、ボーイ
ング787の度重なるトラブルは、乗客が命を預ける機体への信頼を揺るがした。日
航は「安全上の問題はない」として運航を続けるが、原因の特定には至っていない。
部品の約35%が日本製というB787は燃費が大幅に改善するなど世界が注目する
“夢の機体”。相次ぐトラブルに、不信と不安が交錯する。
 今回の燃料漏れは、離陸のため米ボストンの空港の誘導路を移動中に起きた。日航
によると、燃料タンク同士をつなぐバルブの不具合が原因とみられるという。
 バルブは離陸前の給油の際には緩められるが、終了後は、必ず整備士が閉まってい
ることを点検する。日航は「この日も確認していた」と説明する。
 給油の度に開閉されるバルブは劣化も激しいが、B787は最新鋭機。この機体も
昨年9月に納入されたばかりだ。人為的ミスか、構造上の問題か。日航は「現時点で
は判然としない」としているが、9日夜に成田空港に戻った機体を詳しく調査する方
針。
 前日のバッテリー火災に続く原因不明のトラブルに、B787自体への不安も募
る。
 B787は、昨年10月23日にも山口宇部空港で地上走行中の羽田行き全日空便
が燃料漏れを起こしている。国土交通省によると、この燃料漏れは主翼内の燃料タン
クとエンジンをつなぐ配管結合部の組み立て不良が原因。エンジンにより近く、ボス
トンでの日航便より深刻な状況だったとみられる。
 機体には炭素繊維複合素材を使うなど最先端の技術が取り入れられているB78
7。世界に先駆けて導入した全日空は「どうしても従来機とは違う予期せぬ箇所で不
良が見つかる場合がある」と話す。
 今回の燃料漏れは、前日のバッテリーとは違い、日常的に点検する箇所だ。バッテ
リーの緊急点検が終了して全機の安全が確認されたこともあり、日航は「あえて追加
点検しなくても日々の確認で不具合に十分対応できる」としている。
 全日空も「新型機には初期不良はつきもので、運航しながら改善し、B787を成
長させていく。日々の点検は、万全にしている」と冷静な対応を呼びかける。
 国交省は9日、米国で燃料漏れを起こした日航に対し、徹底した調査と結果の報告
を指示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボーイング「787」から出火 2011年以降相次ぐ機体トラブル

 米マサチューセッツ州ボストンのローガン国際空港で7日、駐機していた日本航空
のボーイング「787」(ドリームライナー)の機体から炎が上がった。米当局が現
在調査している。787については先月も、不具合のために運航不能となる事態が複
数回発生した。
 ◆小規模の爆発
 同空港を運営する同州港湾局の消防長、ロバート・ドナヒュー氏によれば、電気・
電子機器が収納された部分から60センチメートルほどの高さの炎が上がり、その
後、小規模の爆発があった。消防隊員1人が皮膚に炎症を負ったものの、それ以外に
負傷者はいなかったという。日本航空は787を7機保有。他の787の運航停止予
定はないとしている。
 米ボーイングのこの新中型旅客機は、2011年後半の商業飛行開始以降、相次ぎ
インシデント(重大事故につながる可能性のある事例)に見舞われている。前回、同
様の箇所から出火したのは10年で、その際には試験飛行の中止を余儀なくされた。
 昨年12月にはユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスとカタール航空
が保有する787で電気系統に不具合が生じた。同機種は、胴体に主として複合材料
を用いた初のジェット機で、電動システムを全面的に採用している。
 元パイロットで、現在は安全性に関するコンサルティングを手掛けるセーフ
ティー・オペレーティング・システムズ(ワシントン)のジョン・コックス氏は「機
内での火災発生は極めて深刻だ。今回は地上で起きたが、慎重な評価が必要なことを
意味している」と述べた。
 日本航空は8日、補助動力装置用のバッテリーから出火したと発表した。米運輸安
全委員会(NTSB)と米連邦航空局(FAA)はそれぞれ調査を開始した。同装置
は米ユナイテッド・テクノロジーズ社製で、エンジンが停止している際に電気を供給
する役割がある。
 全日空の広報担当、郡司奈緒氏は、同社が保有する787に特に異常はないと述べ
た。ボーイングは、他の787の試験飛行計画を変更する予定はないとしている。
◆利用者離れ懸念
 BB&Tキャピタル・マーケッツ(バージニア州)のアナリスト、カーター・リー
ク氏は「ボーイングはこの問題に迅速に対応しなければならない。利用者離れを起こ
すリスクがある」と指摘した。
 ボーイング民間航空機部門の広報担当者、マーク・バーテル氏は「当社は今回の件
をきちんと認識しており、顧客と共に問題に取り組んでいる」とコメントした。
 出火のあった機体は先月、日本航空に納入された。ボーイングのウェブサイトによ
ると、日航の受注残は38機。
 ボーイングのマクナーニー最高経営責任者(CEO)は787の過去のインシデン
トについて、新型機導入に伴う通常のトラブルとしてきた。同社は、全日空に11年
9月に1号機を納入して以降、これまで8社に計50機ほどを引き渡してきた。各社
からの受注は計800機ほどで、ボーイングは今年、生産ペースを月間10機に引き
上げる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全日空787も燃料漏れ起こす


 米ボストン国際空港で日航便が燃料漏れを起こした新鋭機ボーイング787が、昨
年10月23日に山口宇部空港で地上走行中の羽田行き全日空便でも燃料漏れを起こ
し、全日空と日航が計8機の部品を交換していたことが9日、国土交通省などへの取
材で分かった。国交省によると、全日空便の燃料漏れは主翼内の燃料タンクとエンジ
ンをつなぐ配管結合部の組み立て不良が原因。

|

« 全日空会長「B787、点検を徹底」 安全運航を強調 | トップページ | ANA B787関連 まとめ1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日空会長「B787、点検を徹底」 安全運航を強調 | トップページ | ANA B787関連 まとめ1 »