« クレーム噴出、目立つ欠航…成田発格安航空の実態 | トップページ | 従業員や取引先に痛みを強いて利益拡大を目指す「不幸な自己資本利益率(ROE)経営」からの脱却 »

パナソニック「定昇」維持 一時金は最低4カ月確保

赤字企業でもこれなのに、うちの労働組合は何やってんだ。


パナソニック「定昇」維持 一時金は最低4カ月確保

 パナソニックは13日、2013年春の労使交渉で定期昇給に相当する「賃金体系の維持」を労働組合に回答したと発表した。年間一時金については「最低4カ月分」を確保した上で、業績連動の算定式に基づいて支給する。産業別最低賃金(18歳見合い)については、現行水準より1000円の引き上げを求める要求に対して500円の引き上げを認め、15万5000円とする。

 パナソニックは2013年3月期に2期連続で7000億円以上の巨額赤字を計上する見込み。経営環境が厳しいとして、組合側がベースアップに相当する賃金改善要求を4年連続で見送っていたため、今春の労使交渉では賃金体系の維持と一時金が争点になっていた。

|

« クレーム噴出、目立つ欠航…成田発格安航空の実態 | トップページ | 従業員や取引先に痛みを強いて利益拡大を目指す「不幸な自己資本利益率(ROE)経営」からの脱却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレーム噴出、目立つ欠航…成田発格安航空の実態 | トップページ | 従業員や取引先に痛みを強いて利益拡大を目指す「不幸な自己資本利益率(ROE)経営」からの脱却 »