« サイバー戦争、米中が新次元の覇権争い(ルポ迫真) | トップページ | 米国では考えられないアシアナ航空の事故対応の悪さ »

JAL乗員組合がスト通告「贅沢が過ぎる」とFB大炎上

JAL乗員組合がスト通告「贅沢が過ぎる」とFB大炎上
J-CASTニュース6月18日(火)
 日本航空(JAL)の一部労働組合が2013年6月17日、

賃金制度改正をめぐる会社の対
応に不満があるとして、

6月19日0時から24時間の全面ストライキを行うことを通告し
た。JALは10年に経営破綻して公的支援を受けた後、

12年9月にスピード再上場を果た
したばかりで、再上場後に組合がストを通告するのは初めて。

スト自体は労働者に認
められた権利だが、JALのフェイスブックには「

もうストライキできる身分になった
のでしょうか ?」といった批判が殺到し「炎上状態」。別の組合は「

お客様からの
信頼が失われる」と、

ストの即時回避を求める声明を出す異例の事態になっている。
■株主総会にぶつけて「強い取り組み」印象づける狙い?
 ストを通告したのは、

地上社員やパイロットでつくる日本航空乗員組合(宇賀地竜
哉委員長、約1300人)。組合ウェブサイトの声明によると、

賃金水準向上等の具体的な展望が見えないまま貴重な時間が失われ

ています」
高稼働が継続し、職場の疲労が高まっている」
と、

再上場後も高収益を続けているにもかかわらず労働環境が改善され

ないことを批
判。ストに踏み切る理由を
 「経営は今後の成長の為のキーワードの一つに『スピード』

を上げて(原文ママ)
いますが、経営自ら率先して『スピード』

をもって職場の閉塞感解消に対応させるた
めには強い取り組みが必要と判断しました」
と説明している。また、ストを予定している6月19日には、

再上場後初めての株主総
会が予定されている。株主総会にストをぶつけることで、「

強い取り組み」を印象づ
ける狙いもあるとみられる。
◆大型機や羽田乗り入れ便には影響ない
 JALの労働組合は6つもある。今回のケースのように、

そのうちのひとつがストライ
キに突入したとしても、

管理職や他の組合に所属する社員である程度はカバーできる
ため、実際の運航への影響は限定的だ。さらに、

航空業界では深夜になって交渉が妥
結し、ストが回避されることも多い。
 今回ストの影響を受ける便は、すべて大阪(伊丹空港)

を拠点とする地域航空会社
のジェイエア(J-AIR、大阪府池田市)が運航。

同社はエンブラエル170型機(76人乗
り)とボンバルディアCRJ200型機(50人乗り)

の小型機2機種を使用している。大型
機や羽田空港に乗り入れる便には影響しない。
 仮にストに突入した場合は50便が欠航する見通しで、

JALグループの運航便数に占
める割合は8%程度にあたる。影響を受ける乗客は約1400人。

過去の1日あたりの乗客
数から試算すると、全体に占める割合は1.8%だとみられる。
 ただ、JALに多数ある組合は一枚岩ではないようだ。例えば「

経営寄り」だと指摘
される最大労組のJAL労働組合(JALFIO、

高森英智委員長、約6100人)では6月17日、
「乗員組合執行部は即刻ストを回避すべき!」

と題した声明をウェブサイトに掲載。
◆「経営寄り」最大労組は「即刻ストを回避すべき!」
 声明では、

スト権の行使自体を否定するものではないとしながらも、
「JALグループに対して、『

やはり以前のJALに戻ったのではないか』といったさまざ
まな厳しいご意見が寄せられることが想定されるとともに、

破綻以降、これまで少し
ずつ築き上げてきたお客様からの信頼が失われることになってしま

います」
「乗員組合として、今このタイミングでこの行為に及ぶことが、

課題解決の手法とし
て本当に組合員のためになる最善の選択なのでしょうか?」
とストを批判している。
 JALFIOの懸念は的中したようで、

ストの予定を発表したJALのフェイスブックのコ
メント欄には
「もう ストライキできる身分になったのでしょうか ?」
「ストライキは確かに労働者の権利ですが…JALさん、いや、

乗員組合さん、少しワ
ガママ・贅沢が過ぎませんか?」
といった声が殺到している。

すでに870件以上のコメントが寄せられており、その大
半がストに批判的な内容だ。
◆破たん前から平均年収2割ダウン
 なお、JALの有価証券届出書や有価証券報告書によると、

経営破たん前の09年の3月
31日時点では、パイロットの平均年齢は43.

7歳で平均年収は1843万4000円で、破綻後
の12年6月30日時点では平均年齢は42.4歳、

平均年収は1440万3000円。21.9%ダウン
している。
  他社のパイロットにも目を向けてみると、

12年3月31日時点で、全日空(ANA)は
平均年齢45.1歳、平均年収1989万円で、

スカイマークは平均年齢48.9歳、平均年収は
802万9000円だ。

|

« サイバー戦争、米中が新次元の覇権争い(ルポ迫真) | トップページ | 米国では考えられないアシアナ航空の事故対応の悪さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイバー戦争、米中が新次元の覇権争い(ルポ迫真) | トップページ | 米国では考えられないアシアナ航空の事故対応の悪さ »