« 外資系ホテル、開業ラッシュ 訪日客増え地方展開 国内勢との競合激化も | トップページ | 世界遺産は期限付き? 富士山に課された2年の宿題 »

日本の不都合な真実、目隠ししたのは誰か

日本の不都合な真実、目隠ししたのは誰か

 グローバルに市場が荒れ模様になるなか、投資家のアンカー(いかり)になった資産がある。米独そして日本の国債である。ならば国債への志向は盤石なのだろうか。

グローバル市場の混乱
13年5月~ 14年1月~
引き金バーナンキFRB議長の量的緩和縮小示唆 米景気指標の振れ、アルゼンチンの通貨不安
中国経済の減速、「影の銀行」 中国経済の減速、「影の銀行」問題
新興国経常赤字国でトリプル安 経常赤字国の通貨安に選別色
米  国株安、長期金利上昇 株安、資金逃避で長期金利低下
日  本株安、長期金利上昇、円反発 株安、長期金利低下、円反発
幕引き米の緩和時期先送り(市場配慮) 米景気の底堅さ確認(?)

 10年物米国債を例にとれば、1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)が金融の量的緩和の規模縮小を続けると決めたにもかかわらず、利回りは一時2.5%台に低下(相場は上昇)した。

 新興国ばかりでなく米国株も荒れるなか、米国債が投資資金の受け皿になった。市場が落ち着きを取り戻せば、国債を避難所としていた資金も離れ、利回りもいくぶん上昇するだろう。

 それでも、投資家のリスク許容度が低下したので、安全資産である米国債を粗末にすることはあるまい。この点が、債券を起点としてグローバルな市場波乱が起きた昨年5~6月との違いである。

 日本の場合も、10年物国債の利回りが0.6%まで低下した。外国人投資家が株式を売った資金で、国債を購入した。安全資産としての国債に、マネーが流れ込んだ。ここまでは米国と同じだが、日本経済の対外環境をみると、改めて気がかりな事実が浮かび上がる。

 経常赤字の穴埋め問題だ。日本の経常収支は昨年10月以降、赤字となっている。貿易赤字の拡大が主因で、2013年の貿易赤字額は11.4兆円と前年比65%増えた。

 今年は1月上中旬の貿易赤字がすでに2兆円に乗せ、前年同期比71%増となっている。今年1月の経常収支が赤字となり、赤字幅も昨年1月の3000億円強を上回るのは必至である。

 経常収支は国内の貯蓄投資バランスに一致するので、経常赤字になれば海外からの資本流入で埋め合わせるほかない。昨年は1年間で15兆円を超えた外国人投資家の日本株買い越しが、その役目を果たした。

 ところが今年に入りその流れが逆転した。外国勢は1月に日本株を1兆円売り越したのである。その結果、日本株が値崩れした。だが、より深刻な事態は株式投資以外の資金流入も途絶え、経常赤字の穴埋めが出来なくなることだ。

 今のところ、その事態は取り越し苦労で済んでいる。外国勢は日本株を売る一方で、中長期債の買い越しに転じたからだ。加えて、新興国通貨を売った資金が日本の短期債へと流れ込んだ。外国勢による短期債の買越額は、1月には4.5兆円にのぼった。

 これだけの短期資金が入ってくれば、円高になるのは避けられない。案の定、円相場は1ドル=100円突破をうかがう勢いをみせたが、その半面で経常赤字の資金繰りがついたのだから、文句をいえた義理ではない。

 グローバルな金融不安が一段落すれば、こうした短期資金は潮が引くように去って行く。すると、経常赤字という「不都合な真実」だけが残る。

 (1)貿易赤字を減らし経常収支を黒字にするよう努める(2)外国勢の対日投資をつなぎ留めるべく政府と企業が努力を重ねる。官民問わず直面しているのはこの課題である。

 新興国の問題点をあげつらう、上から目線の解説はもういい。今の日本は財政と経常収支の「双子の赤字」に直面している。そのことを忘れてはならない。

|

« 外資系ホテル、開業ラッシュ 訪日客増え地方展開 国内勢との競合激化も | トップページ | 世界遺産は期限付き? 富士山に課された2年の宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外資系ホテル、開業ラッシュ 訪日客増え地方展開 国内勢との競合激化も | トップページ | 世界遺産は期限付き? 富士山に課された2年の宿題 »