« 「人は宝」人を使い捨てする会社の行く末 | トップページ | アジア移住で資産運用 リスクに勝るか成長果実 »

米無人偵察機、三沢に一時配備

米無人偵察機、三沢に一時配備 【共同通信0501】
 青森県三沢市は1日、無人偵察機グローバルホークが5月下旬に米軍三沢基地(同
市)へ一時配備される見通しだと明らかにした。東北防衛局から市に連絡が入った。
具体的な日時は知らされていないという。
グローバルホークは米軍がグアムで運用する無人偵察機で、地上から遠隔操作す
る。現地の台風シーズンを避けるため、5月から10月ごろまで2機を米軍三沢基地
に配備する予定。同機が国内で配備されるのは初めて。
国土交通省は、三沢基地周辺を飛行する小型機やヘリコプターの操縦者に対し、グ
ローバルホークへの注意を呼び掛ける航空情報(ノータム)を出している。

注:RQ-4 グローバルホーク (RQ-4 Global Hawk)は攻撃能力を持たない純粋な偵察機
である。
全幅:35.42m
全長:13.52m
全高:4.64m
最大離陸重量:12111kg(27万ポンド)
巡航速度:343kt
実用上昇限度:19800m(6万5000フィート)
フェリー航続距離:12,000nm

|

« 「人は宝」人を使い捨てする会社の行く末 | トップページ | アジア移住で資産運用 リスクに勝るか成長果実 »