« 美容室でカット、安倍首相も違法? | トップページ | 「派遣法改正案」もし廃案なら10月以降の派遣現場は大混乱に陥る »

全日空、8年ぶり初任給上げ 16年4月から約5%

全日空、8年ぶり初任給上げ 16年4月から約5%

 全日本空輸は2016年4月、総合職(事務職・技術職)の初任給を引き上げる。上げ幅は約5%。同社が初任給を上げるのは8年ぶり。人手不足感が強まるなか、採用活動で商社や銀行など大手企業との競合例が増えているため。
 16年度に総合職の賃金制度を改定するのにあわせ実施する。大卒の場合、現行の20万1848円から21万2000円にする。院卒の初任給は公表していないが、大卒と同様に約5%上げるという。
 全日空が2日に発表した16年度の新卒採用計画では、総合職事務職は前年度計画比で5割増の30人程度、同技術職は8割増の45人程度を採用する。客室乗務員やパイロット訓練生の新卒については初任給を据え置く。
 大成建設や清水建設、鹿島など人手不足感が強まっている建設業界では今春から初任給を上げる企業が出ている。

|

« 美容室でカット、安倍首相も違法? | トップページ | 「派遣法改正案」もし廃案なら10月以降の派遣現場は大混乱に陥る »

ANA」カテゴリの記事