« 「データにとらわれず、世界を読む」 ANAHD片野坂社長インタビュー(上) | トップページ | 「要望を見抜く観察力が大事」 ANAHD片野坂社長インタビュー(下) »

MRJ「製造中止まっぴらごめん」 ANAHD片野坂社長インタビュー(中)

MRJ「製造中止まっぴらごめん」 ANAHD片野坂社長インタビュー(中)

By

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 4月1日にANAホールディングス(9202)の社長に就任した片野坂真哉氏。全3回となる片野坂社長への単独インタビュー第2回は、三菱航空機が10日に初飛行の遅れを発表した、リージョナルジェット機「MRJ」やコスト削減について。

 ANAHDはMRJのローンチカスタマーで、確定発注15機とオプション10機の計25機を発注済み。初号機の引き渡しは2017年4-6月期となる見通しで、飛行試験機の5号機にはANAカラーが施される。

4月からグループを率いるANAホールディングスの片野坂真哉社長=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

*サービスや求める人物像などについて聞いた下編はこちら
*国際線の空白地帯への進出や、国内線の戦略、2社あるLCCを統合するかを聞いた上編はこちら

─ 記事の概要 ─
二度あることは三度あるが“四”はない
スタッフ自らの工夫でコスト削減

二度あることは三度あるが“四”はない

──MRJのスケジュールが見直しになり、初飛行が9-10月期に延期となった。デリバリースケジュールはそのままだが、どのように感じているか。

MRJのデリバリー遅れは「ないと信じている」と語るANAホールディングスの片野坂社長=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

片野坂社長:私どもにもきっちり説明があった。「(2017年4-6月期の)デリバリーは遅らせません。初飛行を確実なものにするために、エンジンをはじめとする準備をしっかりしたものにするためです」というもので、納得している。

 一番大事なことはデリバリーだ。今まで3回遅れている。このことで、代わりの小型機を購入しており、私たちは負担がある。今回、デリバリー遅れはないと信じている。

 「二度あることは三度ある」と言うが、だから三度あった。「四」ということわざはないので、4回目はないだろう。

 一方で、ボーイング787は7回遅れた。「例外のないルールはない」ということで、楽観はしない。7回、8回というのは論外だ。

 MRJは三菱航空機と三菱重工業が総力を挙げて取り組んでいるが、私たちも運航や整備のノウハウを提供し、「ワーキングトゥギャザー」として、一緒にやっている。私たち自身も応援しているし、一心同体だ。

 いま希望するのは、もっと世界的に売れて欲しい。どんどん売れていくことで利益が出るし、使っている方も製造中止になるのは、まっぴらごめんだ。

スタッフ自らの工夫でコスト削減

──コスト削減を進めているが、副社長から社長になり、ユニットコスト8.5円実現への課題をどう捉えているか。

片野坂社長:コスト削減は非常に効果を生んだ。確実に収益を押し上げる。翌年以降も永続的に効果が出るのが大きい。

 2011年のユニットコストは10円で、ライバルと2円の差があった。2円の差は2000億円と認識して、聖域なく全分野で取り組んだ。2011年度から2014年度で約1000億円、約1円の効果を生んだ。残り2年、2015年度と2016年度を500億円とすると0.5円で、8.5円になる。

 これまでの手応えでは実現していくだろうし、実現していかなければならない。どういうことをやっているかというと、インターネット時代になったので流通コストを下げたり、運航乗務員も着陸の時にリバーサー(逆噴射装置)を使わないなど、安全を守りながらのコスト削減策は山ほどある。

 大きなところで我々経営陣は、燃費の良い飛行機を買った。787は767と比べて20%近く燃費を節減できる。

 トヨタさんのように、現場からコスト削減を考える風土になればしめたもの。社長になってアングルが変わったかというと、フロントラインのスタッフ自身の工夫でコスト削減する流れになってきているので、頼もしく思っている。

 コスト削減というと、どうしてもやらされ感だったり、乾いたぞうきんを絞るようなイメージがある。ある会社では、工場が休みの時に自動販売機の電源を切っている。こういうことを私たちはやってない。多くの事業所は24時間、空港などは365日稼働だから、なかなか思いつかない。コスト削減に知恵を絞っている人は、そこまで考えている。

|

« 「データにとらわれず、世界を読む」 ANAHD片野坂社長インタビュー(上) | トップページ | 「要望を見抜く観察力が大事」 ANAHD片野坂社長インタビュー(下) »

ANA」カテゴリの記事