健康

お風呂で溺死の危険も? マラソン後の危ない入浴とは

お風呂で溺死の危険も? マラソン後の危ない入浴とは

 健康のために始めたマラソンなのに、無理するとケガや病気の原因になることも。ランニングを心から楽しむためには、正しい知識と事前の準備が欠かせない。

 マラソンで25キロ以上走ったときに発症する可能性の高い疾患や異常を調べてみた。脱水症状や振動性胃腸障害、腱や関節などの損傷、皮膚や爪の擦過傷など、筋肉の外傷から内科系疾患までさまざまだ。原因は、長時間の運動による体力の消耗や疲労のほか、4万~5万歩、ジャンプ運動する衝撃だ。背骨が圧迫され、走る前より身長が1~2センチ縮み、首の痛みや腰痛が起きることも。胃腸が揺らされ、傷ついて出血したり、振動で腸内にガスが溜まって左脇腹が痛くなったりもする。運動中は筋肉に血流がいくため、腎臓や膵臓などが機能障害を起こすことも。足裏の毛細血管内の赤血球が壊れ、スポーツ貧血を起こす場合もある。

 レース後も危ない。賀来医師は、完走後の入浴に注意が必要と指摘する。フルマラソン後、多くの人は脱水症状にあり、そのまま入浴すると血管が拡張して脳や心臓への血流が減る。意識を失って溺死したり、水圧も加わって心臓への負担が増し、心筋梗塞を起こしたりするのだ。

 ここまでフルマラソンの過酷さや恐ろしさを書いてきたが、適切なトレーニングやメディカルチェックを受けて万全の状態で臨めば、健康効果を期待できる。

 体力アップやダイエットだけでなく、心肺機能や臓器が強化されるのだ。では、適切なトレーニングとはどの程度なのか。

「人にもよりますが、ぐったりして次の日に疲労が残るほどの運動は体への負担が大きい。健康効果が期待できるのは、心拍数は安静時の2~2.5倍程度、120~180程度が目安です」(賀来医師)

| | コメント (0)

「尊厳死」 法制化の動き 安楽死とどう違う? 賛否は?

「尊厳死」 法制化の動き 安楽死とどう違う? 賛否は?

 末期ガンなどに侵され、回復する可能性がない患者の意思に基づいて延命措置を施さない「尊厳死」を法制化する動きが出ています。超党派の国会議員でつくる「尊厳死法制化を考える議員連盟」は、患者が延命措置を望まない場合、医師が人工呼吸器を取り外すなど延命措置を中止しても法的責任を問わない「尊厳死法案」を、今の通常国会に議員立法で提出する方針です。尊厳死とは具体的にどのようなもので、どうして法制化する必要があるのでしょうか。

 尊厳死と似ている言葉に、「安楽死」があります。安楽死とは、肉体的・精神的苦痛から患者を解放するため、薬物投与などで人為的に死を早めることを言います。それに対し、尊厳死は、病などにより「不治かつ末期」になったときに、自分の意思で、死にゆく過程を引き延ばすだけに過ぎない延命措置を中止し、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることを指します。

本人の意思に基づくのが「尊厳死」

 わかりやすく言えば、第三者の意思が介在するのが「安楽死」、本人の意思に基づくのが「尊厳死」です。

 現在、日本には尊厳死について明確に規定した法律が存在しません。患者本人や家族の意向を受けて延命治療を中止した医師は「殺人罪」に問われる可能性があるため、医療現場では患者らが尊厳死を望んでもやむなく延命措置を続ける傾向が強いとされています。こうした事態を解消するため、尊厳死を法制化する動きが出ているわけです。

 東京新聞(1/12付)によると、「尊厳死法制化を考える議員連盟」が提出を予定している法案では、末期ガンなどに侵され、適切に治療しても患者が回復する見込みがなく、死期が間近と判定された状態を「終末期」と定義。15歳以上の患者が延命措置を望まないと書面で意思表示し、2人以上の医師が終末期と判定すれば尊厳死を認め、医師は刑事、民事、行政上の法的責任を問われないと定めています。また、意思表示の撤回はいつでも可能とし、本人の意思が確認できない場合は「法律の適用外」としています。

| | コメント (0)