心と体

桑田とパリ~表現の自由とは「権力」から自分が自由でいられること

■「権力」のフランス、「自由」のフランス

パリでの事件の後、フランスで巻き起こった大きなデモが話題を呼んでいる。諧謔的なイラスト表現を根幹とする新聞社で虐殺が行なわれたことは悲劇だが(ご冥福を祈ります)、そこに300万人とも400万人とも言われる大群衆が集ったことについてさまざまな解説が行なわれた。

またそのデモの中に各国の首脳陣が含まれており、特にそこにイスラエルの首相がいたこと、あるいはもう少し意味を広くとり武器を持つ多くの国家権力の中枢がいたことから、このデモの欺瞞性を指摘するものもある。

今回の件でも明らかになっているが、「フランス」は常に二重の意味をもっている。それは、概念としてのフランスと、国家権力としてのフランス、というふたつの意味だ。

国家権力としてのフランスは、欧米価値観が支配する現代世界の中心の一つとして機能する。今回、各国首脳陣がデモの中に含まれていたのは、その世界中心国家の一つとしてのフランスを意味している。

一方、概念としてのフランスに、あの「自由」が含まれるようだ。特に今回は「表現の自由」と絡ませて論じられることが多かったが、日本で言われる表現の自由と、フランスで尊重される表現の自由liberte d'expression は根本的に違うことがわかった。

日本では、戦後は主として芸術表現の中で用いられることが多かった表現の自由だが、フランスではどうやらもっと「市民が勝ち取った根源的な武器」として使用されるようだ。

■「moi」が「moi」であること

その自由は、まずは権力(フーコー的幅広い意味〈規律権力や監視権力〉ではなく、「国家」「宗教」といった古典的意味)からの自由を指す。その背景には、国(王権)や宗教(教会)に縛られ続けてきた歴史があるだろう。それら権力に対して自由にモノを言える権利を主体的に勝ち取ってきたという歴史がそこにはある。

「主体的に」と書いたが、主体つまり「わたし/自分」を確立することでもヨーロッパでは長い時間が費やされている。それは主に哲学の分野であるが、主体の意味の是非はさておき、長い哲学的議論の後、カントによって「わたし」が意味づけられた結果「自分が自分である」ということの正当性が理論付けられたという背景もあるだろう。

だから、自分が自分であること、いちいち「moi(私はね)」と断ってから次に自分の意見を言うことは(たとえばこのブログなどは参考になりますalternativeway「表現の自由」)、僕も以前から不思議ではあったが、この頃は、「自分」の意味が確立するまでの長い長い歴史的背景と哲学的議論があるのだと思えるようになってきた。

表現の自由が侵害される・妨害されるとは、言い換えるとそうした「moi」が「moi」であることを妨害されるということだ。moiは容易にはmoiであることは許されない。moiは、長い歴史と議論と戦いを経て勝ち取った重要な概念で、その重要な概念は「フランス」という抽象概念によっても言い換えることができる。

このように、フランスとは「自由」の言い換えであり、だからこそ、国や宗教といった古典的権力によって踏み荒らされた「フランス」(という「自由」)を守るために、300万人も400万人も集まり、歩き、声を上げることができたのだと思う。

■「ジョンの魂」

日本では、紅白歌合戦で、サザンオールスターズが安倍政権を揶揄した歌を披露したことにより、極右デモのような動きが報じられている。

小さすぎる話で少し寂しくなるものの、桑田の行なったことは、権力から自分を自由にするという意味で、フランス的「表現の自由」であり、僕は全面的に賛同する。

そういえば昔、ジョン・レノンが暗殺されたあとで放送された(数年後だったかもしれない)ラジオで、桑田がジョンの名曲に合わせて、マイクの前でともに歌い続けた番組が僕は忘れられない。

選曲は「パワー・トゥ・ザ・ピープル」「ハッピー・クリスマス」「イマジン」「女は世界の奴隷か」「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」等、あまりにもジョン・レノンらしい名曲を次から次へとかけていき、画期的だったのは、ジョンの曲より、スタジオで桑田が絶叫する「パワー・トゥ・ザ・ピープル!」の歌声のほうが大きく、自分をそのジョンの曲に投影しきっていたことだ。

あれから20年以上たち、桑田は独特のスタンスを崩してはいないものの、今回の紅白歌合戦の件では、やはり彼は「ジョンの魂」を失った人ではなかったと感心した。

桑田は、現政権に対して違和感を抱いており、それをNHK年末の看板番組で表現せざるをえなかった。桑田という「自分」を、国という権力からは斜めに置き、そこから平和とハイライト(極右)を桑田の言葉でどうしても語りたかったようだ。これこそが表現の自由だと思う。

これを批判する人々は、権力から自由であるどころか、権力と密接につながっているという意味で、自分を賭けてはいない。自分を賭けること、それが表現の自由であり、権力から自分が自由でいられることだ。

|

男性社員の育休取得率50% 千趣会の「イクメン」2013/1/2 18:00

男性社員の育休取得率50% 千趣会の「イクメン」2013/1/2 18:00

育休を取得し、長男にミルクを飲ませる久保慶太さん(千趣会提供)
 仕事と家庭を両立させる一環として、男性社員の「育児休業制度」を導入する企業が増加し、世に「イクメン」と称される育児に熱心な男性も増えつつある。ところがいざ取得となると、これがなかなかそうはいかないのが実態。そんな中、「ベルメゾン」で知られる通販大手の千趣会は、育休の取得率がなんと50%を超えるという。そこには独特のマニュアルの作成など、アノ手コノ手の会社ぐるみでの取得に向けた取り組みがある。
[女性のキャリアロスはもったいない!] 優秀な社員確保へ多様な制度充実
 入社5年目の久保慶太さん(28)は、12月に3日間の育児休暇を取得した。8月に誕生した長男を散歩に連れて行ったり、ミルクやおむつ換えもこなし、イクメンぶりを存分に発揮した。「これまでも休日には育児にかかわってきましたが、1日や2日だと楽しい育児も、毎日となると大変でした」と話す。
 同社は仕事と育児を両立させるための制度づくりを積極的に進めており、男性社員にも、子供が2歳になるまでの間に5日間の休みが取得できる育休制度を導入。さらに、子供の誕生時に3日間の休暇を取得できる制度もある。
 そこには同社ならではの事情がある。通販の顧客は女性が多いということだ。この点、男性が育児を経験することで、子供をもった女性社員が働きやすい環境に対する理解を深めてもらうとともに、自らの育児経験を商品開発に生かすこともねらっている。
 男性の育児休暇制度を設けている企業は珍しくない。その内容も各社各様だが、厚生労働省の平成23年度雇用均等基本調査によると、取得率はわずかに2・63%にとどまっている。
 制度があるのに取得が進まない理由は、「仕事が忙しくて休めない」「上司に言い出しにくい」というのが大半だ。そこには女性と違い、やはり“遠慮”がある。残念ながら、日本社会ではまだ「男性と育児」は市民権を得ているとはいい難い。
 ところが、先の久保さんは「取得するのが当たり前だと思っていました」という。それだけの風土が同社にはあるのだ。もちろん、自然とそうなったわけではない。育休を取得しやすい職場環境をつくろうと、制度の導入に合わせて、社内の風土改革やサポート体制を考える社内委員会「ハナメゾン」を平成17年に立ち上げ、いわば会社ぐるみでの活動に乗り出した。

 理解を深めるため、イラストや社員の体験談などで解説した「両立支援マニュアル」も策定した。これがじつにきめ細かい。出産する女性社員向けの「本人編」はもちろん、「パパになる人編」、さらに「上司編」「同僚編」まである。上司編では「まずは『おめでとう』と声をかける」から始まり、子供が生まれたら、育休を取得するよう“催促”することになっている。実際、久保さんは妻の妊娠中から育休をとるよう、上司にいわれていたという。
 パパになる人編には、妊娠発覚以降の女性の体調の変化について記すとともに、出生届の準備や保育所探しなど、どのタイミングで何をすればいいかが一目で分かる表もつけ、さまざまなアドバイスを盛り込んでいる。もちろん、当然ながら女性社員に対しても、取得を促しており、こちらの取得率は100%という。
 このマニュアルを全社で共有することで、育休取得の意識を高めることができ、女性社員だけでなく、男性社員の育休取得も当たり前になったのだ。同社より手厚い育休制度を導入している企業もあるが、たとえば取得できる日数が長くても、それなりの“条件”がついていたりすれば、実際問題として、なかなか取得できないことになってしまう。
 同社の場合、仕事の調整をつけやすい5日間という日数が男性社員にとって「身近」な制度に感じられ、それが50%という高い取得率につながっている。「女性であろうと男性であろうと、優秀な人材が長く働いて力を発揮することが、会社にとっては一番大切。より働きやすい環境整備に向けて、これからも取り組んでいきたい」(人事担当者)と話している。(阿部佐知子)

| | コメント (0)

確実に不幸な人生を送る10の方法

Personal Excellence っていうサイトに出ている、「確実に不幸な人生を送る10の方法」(How To Be Unhappy: 10 Surefire Ways To Be Unhappy in Life)という記事がなかなか秀逸なので、適当に意訳して紹介したいと思います。

(と言って適当に書いたものを読み直してみたら、原文とは似ても似つかないほど適当なものになりました。別物だと思って読んでください)

誰もが幸せになりたいと願いつつ、知らず知らずのうちに「不幸になる生き方」をしているものです。 私自身もこれを読んでみたらけっこう思い当たるフシがありました。 中には自分には当てはまらないと思っていても、無意識にやっていることもあるかもしれません。 それではリストご紹介です。

1.不平不満を漏らす
期待通りに物事が進まないと、ついブーブー言ってしまうものです。 仕事が多過ぎる、上司が最悪、天気が悪い、道が混んでいる、時間通りに電車が来ない……。ネタなんていくらでもあります。

スムーズにすべての物事が運ぶなんてハッキリ言って稀ですから、適当に流したほうがどう考えても楽です。 でもね、口癖のようについ文句を言ってしまう。そんなことありませんか? 私なんてしょっちゅう言っています。

2.抱えている問題から目を背ける
本当は取り組まなければ問題から、眼を背けてしまう……。よくあることなのではないかと思います。 他の用事に手を付けたり、ガールフレンドを乗り換えたり、問題そのものを先送りにしたり……。

しかし問題から目を逸らしたところで、別に問題が消えてなくなるわけではありません。そしてその問題はずっと追いかけてくるんです。あの時に勉強しなかった自分、面倒くさい人間関係から逃げ回ったあの頃……。結局は逃げ回ったことに捕まり、後で倍も苦労しました。身につまされます。

3.自分を他人と比較する
あいつのほうが出世している/金持ちだ/才能がある/運がいいなどなど、ついつい自分と他人とを比べてしまうものです。

他人と比べたところで別に自分を取り巻く状況が良くなるわけじゃありません。どっちかっていうと惨めになるがオチです。でもね、ついついやってしまいがちですよね。

4.まだ起きてもいないことに気を揉む
まだ起きてもいないことをついつい心配することってよくあることです。 ビジネスに失敗したら? デートがうまくいかなかったら? プレゼンがうまくいかなかったら? 受験に失敗したら? 合コンで相手にされなかったら?

人類はこれまで悲観的な予測を立て、未然に備えることで繁栄してきたような部分がありますから、ある程度は本能のようなものでやむを得ないでしょう。ただ何事も過ぎたるはなお及ばざるがごとし。必要以上に悲観的な予測をたて、行動そのものをヤメてしまったりしたら、元も子もありません。

5.抱えている問題に押しつぶされてしまう
問題を抱えていない人なんていません。一見成功しているように見える人でも色々と問題を抱えているものです。ただそうした人は、問題の適切な処理方法を身につけていることが多いのではないでしょうか?

問題を乗り越える方法は色々ありうるでしょう。自分自身が成長する/助けを求める/解決方法を学習する/問題をひとつずつ処理する/大きな問題は小さな問題に分解して攻略する……などなど。

問題を必要以上に大きなものとして捉えないことが大きな鍵なのかもしれません。

6.好きでもないことをやる
好きでもないことをやり続けていると段々腐ってきます。スティーブ・ジョブズも伝説のスピーチで言っていました。

「毎朝鏡を見るとき、自分に問いかけるんだ。今日がもし人生最後の日だとして、今日これからやろうとしていることをやりたいだろうか?」
「答えがノーの日が何日も続くようなら、他にやりたいことを探すべきだ。」

自分の人生の主人公は自分自身なんです。私はこのスピーチを聴いて、転職の決意ができました。

7.ためにならない人間関係を続ける
残念ながら、ためにならない人間関係ってあります。つるみたくもない相手と惰性でつるんでいたり。こうした関係は風通しを悪くし、やがて足を引っ張り始めるものです。

自分の価値を下げる人間関係
あなたの意見を尊重しない人たち、あなたの好意を当然のことだと思っている友人など。こうした人たちと果たして本当につるむ必要があるのか、よくよく考えてみたほうが良さそうです。

マイナス要素を引き寄せる関係
サゲマン/サゲチンみたいなもんでしょうか?関係を続けると運が逃げていくような相手。エネルギーを吸い取っていくパートナー。こういう関係は要注意です。

ゴールを遠ざける関係
真面目にゴールに向かって努力しようとしている時に、チャチャを入れたり足を引っ張ったりして、かえってゴールを遠ざけたり、やる気を失わせる友だちや恋人。考え直したほうがいいかもです。

もはや愛し合えないパートナー
あなたのことをもはや愛していないパートナー、あるいかつてのように愛せないパートナー。一緒にいてもお互いの不幸感を高め合うだけかもしれません。

続けていると度々腹が立ったり、ガッカリしたり、楽しくなくなったり、失望させられたり、フラストレーションがたまる関係は、一度見直してみるべきではないでしょうか?

8.他人を変えようとする
他人を自分の思う通りに変えることなんてそうそう出来ません。自分の子供や配偶者ですらほとんど不可能です。仮に変わるとしても、その本人が変わろうと思ったから変わるわけで、他人がとやかく言ってもなかなか変わるものではありません。

他人を変えようとすればするほど、フラストレーションが溜まり、イヤな気持ちになっていきます。

だいたい自分を変えるのですら至難の業なのに。他人を変えようなんておこがましいにもほどがあるような気がします。

9.他人を満足させようとする
他人を満足させようとするぐらい虚しい事はありません。例えば親を満足させたいとしましょう。

いい成績をとれば親が満足するかな。と思って一生懸命勉強すると、次にはいい学校に入れと言い出します。さらに一生懸命勉強していい学校に入ると、今度はいい会社に入れです。そしていい配偶者を貰え、早く孫の顔見せろとか。

こうして自分の幸せや価値観を他人の手に委ねていいものでしょうか? そもそも他人を満足させるなんて不可能ですし、こんなことをしているうちに誰の人生だか分からなくなってしまいます。

勉強をしたけりゃ自分で自分のためにすればいいんです。言われてやることじゃありません。

10.自分の価値観を、ゴール/結果/物事/社会的地位/他人と一体化させる
世の中不変のものなんてありません。

いい会社で偉くなって高い地位に就いても、会社が倒産したり、リストラに遭えばタダの人です。そんなときに自分の価値を会社や地位につよく結びつけていると、ショック倍増です。社会的地位なんてまあ飾りみたいなもんだと言う醒めた感覚、非常に大事なのではないでしょうか?

またどんなにカネを稼いでもあの世に持っていけるわけではありません。信頼するパートナーだって不変の愛情なんて存在しませんし、また死別するかもしれません。将来の夢などにあまり自分を強く結びつけると、それが叶わなかった時に惨めなものです。

諸行無常ですね。夢を持つのが悪いとは思いませんが、そういったものに依存しすぎないよう、醒めた感覚も大切なのではないでしょうか?

以上が「不幸な人生を送る10の方法」でした。

私にとってはなかなか身につまされる項目が多かったです.みなさまはどうでしょうか?
この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0)